読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akane's Lab はじめてのひとりぐらし inドイツ

24歳ただいまドイツで奮闘中。

【レシピ】ムール貝鍋 牡蠣だけじゃない!旬の貝

 

牡蠣の美味しい季節になりました。

ぷりぷりの牡蠣は生でも揚げてもお鍋にしても最高ですね^^ 

(食べたい、、、)

でもこの時期美味しいのは牡蠣だけではないんです!

ムール貝鍋はいかがですか?

 

 

【レシピ】ムール貝鍋

        f:id:akanec:20161129172155j:plain

 

<材料>

・ムール貝

・コールラビ

・白菜

・ほうれんそう(葉物野菜)

・生姜 ひとかけ

・白ワイン または 酒 大さじ1

<作り方>

1.コールラビは皮を剥いて6~8等分くらいの適当な大きさに、白菜とほうれん草も食べやすい大きさに切る。生姜は千切りかスライスにする。

 

2.ムール貝の下処理をする。貝同士をこすり合わせるか、たわしを使って洗い、貝からひものようなものが出ていれば引っ張って取り除く。

 

3.鍋に水を張り、沸騰したらコールラビと生姜を入れて、コールラビが少しだけ柔らかくなるまで茹でる。

 

4.ムール貝を鍋に入れ、白ワインを加えて蓋をする。水が少なすぎたら水を足し、もう一度沸騰させる。

 

5.ムール貝の殻が全て開いたら火を弱め、白菜とほうれん草を鍋に加えて蓋をする。白菜とほうれん草が好みの柔らかさになったらいただきます!

 

 

白ワイン以外の調味料は一切加えていませんが、ムール貝から出た海のスープと野菜の甘みで、しっかり美味しく仕上がります。

寒くなってきているので温まるように生姜も入れて。

スープを吸ったコールラビはやみつきです!

お好みでブロッコリーなども。

お皿に盛るとスープのようになってしまいましたが、お鍋を目指しています。

 

ムール貝の処理は調べてみると意外と簡単で、塩抜きも必要ないとのこと。

ただ傷みやすいので、保存する場合は、貝殻から身を外して煮汁と一緒に冷凍するのが良さそうです。

冷凍しておけば、好きな時に別のおかずに使えるので便利です。

貝殻から外してしまうのは少し寂しいですが、、、

 

 

ドイツは魚介類が高い!

ただムール貝は旬だからか、お手頃価格でしかも普通のスーパーマーケットで新鮮なものを購入することができました。

お値段なんと、1㎏=2.29ユーロ、300円以下です!

1㎏で60粒くらい入っていました。

全てお鍋に入れてしまうとこの多さはかなりインパクトが強かったのですが、残りは20粒づつに分けてジップロックの袋に入れ、スープと一緒に冷凍しました。

ひとり暮らしにも嬉しいムール貝(笑)

 

 

大きな貝殻ときれいなオレンジ色のムール貝は、食卓を華やかにします。

程よく濃厚で贅沢気分。

簡単で美味しいムール貝、今年はたくさん楽しんでみては。

 

Guten Apetit! いただきます^^