読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Akane's Lab はじめてのひとりぐらし inドイツ

24歳ただいまドイツで奮闘中。

【レシピ】ビーツと人参のサラダ ドイツで定番の組み合わせ!常備菜に。

cooking

 

ドイツでよく目にするビーツが使われたサラダは、人参と組み合わさっていることが多い。

ビーツも人参も甘みがあって、シャキシャキと美味しいサラダになります。

酸味を加えて、程よい甘さと酸っぱさのバランスが良い、お箸の進む一品です。

 

【レシピ】ビーツと人参のサラダ

          f:id:akanec:20161129154917j:plain

 

<材料>

・ビーツ 1個

・人参 2本

・オリーブオイル 大さじ2

・レモン汁 大さじ1/2

・はちみつ 小さじ1/2

・塩コショウ 少々

・ひまわりの種 適量

 

<作り方>

1.ビーツは洗ってオーブンで焼くか茹でる。

焼く場合はアルミホイルに包んで、200度に熱したオーブンで20~30分程度。

 

2.人参は洗って粗目の千切りにする。ビーツは冷めたら皮を剥き、人参と同じくらいの大きさに切る。

 

3.オリーブオイル、レモン汁、はちみつ、塩コショウをボウルに合わせて、ビーツと人参を加えて和える。

 

4.ひまわりの種を飾ればできあがり。

 

 

切る順番は、人参→ビーツを強く強くお勧めします!!

理由は簡単。

ビーツを切ると、指も包丁もまな板も、鮮やかな紫色に染まってしまうからです、、、

 

ビーツはとても甘い野菜として知られていますが、同時に、生のさつまいものような土臭い香りも持っています。

オーブンで焼いた後でも果肉はしっかりとしていて、ふにゃふにゃ柔らかくはなりません。

土臭い味が苦手なら、なるべく細かく千切りにすると良いかと思います。

 

 

豚肉の薄切りを作り出せるようになった先週から、わたしの知っている料理のレパートリーが増やせるとうきうき。

まずは実家で食べていた味が上手になるように頑張ろう、と作りたい料理を考え始めました。

すると自然と一汁三菜になり、彩りやバランスが以前より進歩したように感じます。

和食家庭料理スタイルすごい!

とはいえドイツの食べ物も使ってくれとドイツさんが申すので (誰も何も言ってない)、上手に色々な食材を取り入れられるように挑戦もしたい。

台所修行中です。

 

 

人参のオレンジとビーツの紫色で食卓が鮮やかになるサラダ。

わたしの常備菜に認定で~す◎

 

Guten Apetit! いただきます^^